日本人であることのアドバンテージ

人間いくつになっても模索と挑戦が続くのだろう。

雇われの身の間は、早く独立したいと思うし、独立したら、独立したで、早く自分がみてなくても任せられるようなスタッフが欲しいと思うし、自分がいつもいなくてすむようになったらなったで、従業員のマネジメントで悩む。

シングルの間はシングルの間で彼女が欲しいと思うし、彼女ができたらできたで、マンネリに悩むし、結婚したり子供ができたらできたでまた別なフェーズの悩みが出て来る。

人生ってそういうことの繰り返しなんだと思う。
いろんな立場の人と接する機会があり、そう痛感している。

誰もがうらやむような人生を送ってるように見える人でも、人知れず悩んでるし、涼しい顔してかっこ良く世の中を渡ってるように見える人でも、すごく影で努力していたりする。

そーゆーことが、見えて来た。

こうして文章にすると当たり前すぎて何よ!って感じだけど、自分にとってはeye openingなコンセプトなので、書いておく。忘れないように。いつか忘れた時にまた読み返して今のやる気を思い出せるように。



…私は生物の進化とか、民族が工夫して生み出した新しいものとかそういうのが好き。生き物は、窮地に追い込まれると自分の形を変えたり、頭を振り絞って、工夫して生き抜いて来た。

例えば、キリンみたいに首を伸ばしてみたり。
カメレオンみたいに色を変えれるようになってみたり。

民族もそうだ。

ユダヤ人は祖国を追い出され、多くの職業につくことを禁じられるという弾圧のゆえに、金融の技術を磨き、現在の繁栄の基礎を築くことができた。


日本人だって似たようなところがある。

日本は、資源が少ない。
人口も少ない。
英語もしゃべれない。
地理的にも島国で物流コストがかかるし、文化的にも隔たりがある。
戦争に負けた。
ぼろぼろやった。
そんな中、技術力と勤勉さで、どんぞこから這い上がって来た。

トヨタ、ホンダ、ソニー。
任天堂、アニメ、J-POP。

これから日本は高齢化少子化がどんどん進むし、資源がないとか、グローバリゼーションが遅れてるとかなんとか、いろいろ危機が叫ばれているが、私は、実は、日本人はこの危機感を胸に刻み込みながら、なんだかんだいいつつ生き残って行くと思う。

今まで日本人のすごさとか全然感じることはなかったが、アメリカにきて、日本ってすごいなって心から思うようになった。そして、日本人であることに強い喜びと誇りを持つようになった。

日本人は本当にまじめだし、地頭(?→じあたま)がいい。

私は普段、ここで英語がまともに話せないことを嘆いているが、実は、日本人であることって本当にアドバンテージだと思っているし、日本人でよかったなーと痛感しているのだ。

人類は危機に立ち向かうと、馬鹿力がでる。
そして、変化に適応しようとする。
適応できないものは滅びる。
でも、誰も滅びたくないから必死こいて頭を絞る。
そのプロセスって結構面白い。

ビールの税率が高ければ、発泡酒を開発するし。
ガソリンが高ければ、皆車以外の交通手段を使うし。
人間は工夫して、進化できる生き物。
だから面白い。

私は日本に生まれ、日本でぬくぬく育って来た。
自分の持っている特権 - privilege - を全く意識せずに。
そして、それが奪われた異国の地で、今まで以上に真剣に、自分が将来、生き延びるために何が必要なのか、そのために今何をしなければいけないのか、考えるようになった。

日本だったら仕事しないでぼーっとその日暮らしということもできた。
でもアメリカではそんなことできない。
常に自分をアメリカにいることを正当化させなければならない。

アメリカの移民局は、常に「あなた、アメリカにいる必要はあるの?」とつきつけてくる。ビザを申請する時、「その仕事、アメリカ人でもできるじゃん!」って言われてしまうとおりなかったりする。だから、外国人をビザサポートしてまで雇う意味というのを一生懸命強調しながら書類を作らなければならない。そこが移民弁護士の腕の見せ所だ。

アメリカにいる意味がないと判断された人間は容赦なく不法滞在者になることを余儀なくされる…。

アメリカ市民と結婚すれば簡単にグリーンカードがもらえるが、そういう道を選ばなかった人間(もしくは選べない人間)は、常に「お前はアメリカのために何ができるのか」「なんで日本人なのに日本に帰らないのか」という質問にさらされることになる。

そんなギリギリの環境で生きることは辛く、ストレスが多いことでもある。だが、同じ環境で必死で生き延びようとしている日本人の仲間を見ると、刺激されるし、自分もやる気が湧いて来る。

アメリカに生まれ育って、アメリカ人であることを当然だと感じていたら、こんな気持ちにはならなかっただろう。そう考えると自分が日本人であることは1つのアドバンテージだとも感じる。自分が将来アメリカのメインストリームでビジネスをするにしても、日本人であることは自分の大事な特色だし、それによって日系コミュニティのサポートや、日本本土とのコネクションも活かせるからだ。もし生粋のアメリカ人だったらこうは行かない。日本人のメンタリティもよく理解できないし、日本のマーケットも理解できなかっただろう。そう思うと自分はツイている。

日本人の良さを保ちながら、アメリカでのビジネスも学べているのだから。かなり恵まれている。

将来、自分は日本に帰るかもしれない。
でも、この地で、今私が学んでいることは、一生自分の糧となって残るだろう。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/07/22
Re: 日本人であることのアドバンテージ
こんばんは。
ブログを読む度にゆうさんって凄いなぁって思っています。
いつもいろんな事にアンテナを張り巡らし、
沢山の事を感じ、考えておられるのですね。それもとても深く。
だから読む度に、自分の今を考えさせられます。
考え過ぎちゃって、コメントを残さずに立ち去ってしまう事が多々あります…ごめんなさい。
確かに言えるのは、私にとって大切なページになっています。


  • 2008/07/23
  • とこちゃん
  • URL
Re: 日本人であることのアドバンテージ
鍵コメさん
こんにちは。
コメントありがとうございます。
是非友達になりましょう!
ただ実は私はすーんごい極度の面倒臭がりやでメール無精なので、あんまりメールしないタイプです(汗)
あなたはブログを通じ私のことを多少ご存知かもしれませんが、私はあなたのことを全く知りませんのでよかったら自己紹介書いてもらえると嬉しいです。
どんな人なのか知りたいです。

とこちゃん
こんにちは。
いつも読みに来てくれてありがとうございます。
大切なページなど言って頂き、嬉しいです。
ありがとうございます。

私は、頭でっかちで、実際にはダメダメなところも一杯です。いつも凹んだり、恥をかいたり、まごまご、もじもじしていることも日常茶飯事。

いつももっと自分を高めたいと思ってます。
って言うのは簡単ですが実行するのは難しいですね。

でも、ブログや、ブログを読んでくださる皆様の励ましをうけて少しでもよい方向へ自分を成長させていくことができればと考えています。

自分にとっても、このブログは自分という人生の伴走者とでも言うべき大切な存在なのです。
  • 2008/07/23
  • ゆう
  • URL
  • Edit
Re: 日本人であることのアドバンテージ
日本人がマジメだっていうのは本当に同感。
そして、それを感じたのはやっぱり外国で、違う国の人たちと生活してるときでした。
私だけじゃなくて、恐らく多くの日本人が、私と同じくらいにはやるよ、と思ったことでも、彼らがこんなにちゃんとしてくれた人はいなかった、と言ってくれるのはお世辞は入っていても、結構真実なんだろうなあと思います。というか、え、仕事に対してそれでいいの、って思うこと多すぎました、彼の地では^^;
でもそういうことも含めて「違い」を認識し、受け入れる、経験は、海外生活ならではの賜物だと思います。私は語学を取得しないまま戻ってきた人なので、余計そう思うのかもしれないけど、外国で生活する、というのは例え遊んでいたとしても、それなにに何か得るものがあると思ってます。
そこで向こうの人と渡りあって仕事をしているゆうさんにとっては、かけがえのない時間だし、財産であることは間違いないですよ!
  • 2008/07/23
  • おと
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/07/23
Re: 日本人であることのアドバンテージ
■おとさん
おとさんも外国で暮らしてたんですよねー
私の憧れの土地だったりしますw
でもーそこで暮らして語学を習得しないまま帰ってくるというのはありえるのでしょうか?きっと謙遜なのだと思います。
私のいる土地は、ぶっちゃけ語学を習得しなくても生活して行くことが可能です。
特に職場や住む環境などによっては100パーセント日本語のみで生活できます。
私はそういう環境には身を置いていませんが…でも意識してローカルとのつながりを持つようにしてます。ゲイであることはそういう意味で、ローカルとつながるいい要素だと思ってます。普通にノンケだったら絶対ここまでローカルの友達できなかったと思うんで…感謝してます。
お互い住んでる場所は遠いですが、頑張りましょう。

■鍵コメさん
丁寧なメッセージありがとうございました。
ここで返事するべきなのかわからないのですが…
そしてなんと返事すればよいのかもわからないのですが…
いまいちあまりどういう人なのかわからないのですが…
どういうところが感覚が合うのでしょうか…?
そして、友達というと…どういう友達になりたいのでしょうか!?
二丁目行ったことあります???
なぜこのブログに行きつきましたか?
恋人とかいるんですか?
なんか理屈っぽくてすみません。
これでも一生懸命考えて書いています。
私はネットで知り合って仲良くなるの超苦手なんですね。
距離の取り方がわかりません。
どっちかというと、生であって良さがいきるタイプです。多分。
ビールみたいなもんです。
機会があれば二丁目ででも飲みいきましょう。
  • 2008/07/25
  • ゆう
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/08/01
Re: 日本人であることのアドバンテージ
鍵コメさん。

なんかとても嬉しかったです。
ありがとうございます。

そうですねー。
私もブログを読むのは大好きですが、レズビアンが書いているからといって、すべてのブログを面白いと感じるわけではないので、素敵なブログに出会えた時の喜びはとても理解できます。

また、私も読んでいただくすべての方が私のブログを好きになってくださるわけではないことを予想しているので、気に入ってもらえるととても嬉しいです。

こうやって読んでくださる方が増えてくると、正直毒舌なことは徐々に書きづらくなってくるのが辛いところですが、、、がんばります。

これからもよろしく。
  • 2008/08/02
  • ゆう
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2008/08/02
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。