バイセクシュアルはレズビアンではない

当分何か書く元気が出なさそうなので、過去ログもういっちょ投下しておきます。
「バイセクシュアルはレズビアンではない」

私は、今現在、自分がレズビアンかバイセクシュアルかはっきりわからないし、決めていない。その逡巡については、別の文章(私のセクシュアリティ)に詳しく書いた。一応、ヘテロセクシュアル(異性愛)ではないことは確かなので、自己紹介の欄には暫定的に「NOT STRAIGHT」と表記してある。

なぜ、そんなあいまいなアイデンティティのままでいるのか?

それは将来の自分を「今現在」の認識で縛るのがいやだから、と、レズビアンに対してもバイセクシュアルに対しても、まだ克服できないフォビア(嫌悪感)があり、アイデンティファイできないから、という二つの理由が大きい。

(逆にいうと、この二つの点に限定をつけた上で、つまりは「今現在の状態」であり、将来的にはわからないという留保と、世に言うレズビアンというイメージと完全に切り離して考えてほしいという条件のもとで、私は「レズビアン」の状態にあることを認める。しかし、それを自分のアイデンティティとして持つのにはまだ抵抗がある。「セクシュアルマイノリティ女性」というレベルまではアイデンティファイできるのだが。やはり、「レズビアン」フォビアがまだどこかにあるのだろう。)

私は、また、私の周りの友達に対しても、レズビアンか、バイセクシュアルかを詳しく問うことはしていない。また友人たちの間でも、バイセクシュアルかどうかはそれほど大きなトピックにはならない。

サイトを作る上でも、私はよく「レズビアンとバイセクシュアル女性」という形でこの二つを一緒くたにしてきた。思い切っていえば、私の中で、レズビアンもバイセクシュアルも、「ほぼ同じ」という認識だったのかもしれない。

実際、私は、カテゴリーにとらわれすぎるのはばかばかしいと感じてきた。「人を好きになるのに、男も女も関係ない」とか「カテゴリーにとらわれたくない」とかいう意見は、人からもよく聞く。私は、そんな「なんでもあり」的なセクシュアリティ観に無意識的に同調していた部分がある。

しかし、現実世界でのことを考えてみたら、実はレズビアンとバイセクシュアルにはやっぱり大きな違いがある。
その違いに、レズビアンとバイセクシュアル女性は、十分向き合っているだろうか?
「女の子が好き」という共通点があることのみをよしとして、違いから目をそむけているのではないか。
その違いを突きつけられたとき、まだレズビアンとバイセクシュアルは、お互いの違いを認め合い、よき友人どうしでいられるのだろうか?

レズビアンとバイセクシュアルの大きな違い、それははやり「男性を好きになれるか、男性とつきあえるか」ということだ。

私にはよくいっしょに遊ぶレズビアンやバイセクシュアル女性の友達が何人かいる。
彼らの何人かは、男性とつきあっていたことがあるし、何人かははっきり「バイ」だといっている。
彼らは今全員女性とつきあっている。
しかし、たとえば、その中の誰かが、恋人の女性と別れて、別の男性とつきあいだしたとき、彼女は、そのことを私たちに報告するのに、ためらわないだろうか?
そして、私たちは、これまでどおり彼女と仲良くやっていけるだろうか?

たとえば、誰かが別れて、新しい「女の恋人」とつきあいだした場合と比較すると、そのきまずさがいっそう引き立つ。

ましてや、バイセクシュアルの友人が、男性とつきあうだけではなくて、結婚を決めたとき。
周囲の「レズビアン」の友人は、それを裏切りなどと感じることなく、こだわりなく祝福できるだろうか?
また、バイセクシュアルの当事者は、そのことをあっさりとレズビアンの友人たちに報告できるのだろうか?

「できるよ」とあっさり答えられる方、それはすごい。理想的だ。
私は、はずかしながらかなり考えこんでしまったよ。
というか、私は、周囲の友人とこういうときに揺らぐような関係しか築いていなかったのか?と愕然としてしまった。
私が、「その一人」になるにしろ、「周囲の友人」になるにしろ、相当悩むだろう。

もしかしたら、ヘテロの友人に、同性とつきあっていることをカムアウトするよりも、レズビアンの友人に、異性とつきあっていることをカムアウトすることの方が難しいのかもしれない。

バイセクシュアル女性というのは、男性のことも好きになるのだし、その結果として、結婚とかも当然ありえる、ということ。

そんな当然のことを、忘れていないだろうか?
・・・それとも忘れたふりだろうか?
私はなぜだかそのことが頭の中から抜けていた。
今日、ふっと思いついて、そのことがとても重く感じられた。
「レズビアンとバイセクシュアルって、やっぱ、違うよなー」ってしみじみ考え込んでしまった。
あたりまえのことなのに、そんなことを忘れていた自分が不思議だった。

「レズビアンだろうと、バイセクシュアルだろうと、マイノリティという点では同じ、区別することない」

確かにそれもそうなのだけど、なお、そこには大きな違いが横たわっている。
それを、心に刻んでおかなくてはいけない。
相手を排除するためではなく、相手を受容するために。

バイセクシュアルの女の子が同性同士でつきあっているときは「お仲間」(=準レズビアン、ほぼレズビアンみたいな)あつかいして、男の子とつきあいだしたら「男にはしった」なんて言うのは、やはりおかしい。

バイセクシュアルの女の子が、男の恋人話を気軽にレズビアンにできるようになった時こそ、バイセクシュアルとレズビアンは真によき友人だと言える。

(2002.4.2)

関連記事
スポンサーサイト
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 👈応援クリックお願いしますm(__)m

comment

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2008/08/05
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2012/04/29
comment form
公開設定

trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。